ベランダ菜園の注意点

ベランダ菜園をするにあたって気をつける点がいくつかあります。最近ではアパートやマンションのベランダのスペースを利用して、ベランダ菜園を楽しむ人が増えてきました。プランターや鉢など、共用部分付近には置かないようにしましょう。

ベランダ菜園の注意点(続き)

とくにマンションのベランダの共用部分には、火災などの緊急時に備えて避難はしごなどが置かれているので、プランターや鉢、その他にガーデニングの道具などを置かないように注意します。

ベランダ菜園作りが楽しいからといって、あまり1度にたくさんの野菜を作りすぎないようにしましょう。管理が行き届くのが難しくなり、植物のためにもあまりぎゅうぎゅうづめにならないようにしましょう。常に風通しをよくして、日当たりがよくなるように気を配る必要があります。

ベランダ菜園イメージ

水やりは、基本的に朝1回で十分です。とくにハーブは乾燥を好むので、土が完全に乾いたときにたっぷりと与えるようにします。昼間、日がカンカン照りのときに水やりをしてはいけません。土や植物の温度も上昇した状態になり、根元が腐ってしまうことがあります。

夏は、ベランダの暑さ対策が必要になります。ベランダでは、日光の照り返しがきつく、エアコンの室外機の熱には要注意です。プランターや鉢の上を、直接床の上に置くのではなく、ウッドパネルなどの敷物を下にしいておくといいでしょう。これで、コンクリートの照り返しの熱をやわらげる効果があります。

また、冬は、コンクリの冷たさをやわらげる効果があります。四季を通じて、日当たり具合いや通気性がどのように変わるか、しっかりと把握しておきましょう。とくに真夏は、日差しが強くなるので、日のあたり過ぎもよくありません。

ベランダ菜園のポイントは、ベランダのスペースを有効利用することです。立体的な空間を演出して、ベランダ菜園を楽しみましょう。床にゴチャゴチャとプランターや鉢を並べるよりも、ハンギングバスケットで吊り下げにするといいでしょう。


Copyright ベランダ菜園をはじめよう! All rights reserved.

 

privacy