子供と一緒にベランダ菜園

ベランダ菜園は、親子で楽しめます。子供と一緒にベランダ菜園を体験して、野菜を育てることの大変さや面白さがわかればいいですね。近年のガーデニングブームから、ベランダ菜園に目を向けてみてはいかがでしょうか?

子供と楽しむベランダ菜園

ベランダで作る野菜は、ミニトマト・トマト・ピーマン・リーフレタス・エンドウマメなど、たくさんの野菜作りが楽しめます。

小さな子供がいる家庭には、実りある野菜を植えて、種まきや苗の植え付けから野菜を育てることを経験して、ベランダ菜園で自然や土に触れる楽しみを共感することができます。 単に野菜を作るだけでなく、有機肥料を手作りしてみてはいかがでしょうか。

ベランダ菜園イメージ

肥料は、ホームセンターやガーデニングショップに行けば、化成肥料有機肥料が販売されていますが、毎日台所から出る生ゴミを利用して、肥料 (活力堆肥) を作ることができます。

みかんの皮や卵の殻、スイカの皮などから肥料が作られます。準備するものは、密閉性のあるバケツ・EMぼかし・生ゴミです。生ゴミの水分を十分に切っておきます。

EMぼかしと生ゴミをバケツに入れて、フタをします。バケツを直射日光が当たらない場所に置いて、夏は1週間程度、冬は2 週間程度で発酵が完了します。発酵すると、表面に白い菌糸が生えて、糠味噌のようなにおいに変わります。

ベランダ菜園では、プランターを使って野菜を栽培します。土を入れて、その上に活力堆肥を入れ、その上に土を入れて植え付けをするといいでしょう。家庭でできる有機栽培野菜、きっとおいしくいただけることと思います。


Copyright ベランダ菜園をはじめよう! All rights reserved.

 

privacy